中国語 英語
  • 1993-1999

    榊・ヒサカキの輸出業務が始まって、正常な経営軌道に乗りました、同時に、榊・ヒサカキの人工栽培基地の建設に大きな投資を行われていました。集約化・専業化の運営により、会社は高速な発展ができました。“会社+基地+農家”という農業産業化新型発展モデルを作り上げられ、業界に強い影響力の持つ企業までに成長してきました。榊・ヒサカキの輸出量が一番多くて、日本市場にも大きなシーアが獲得できました。

  • 1999~2005

    この時期に、企業の発展戦略を調整しながら、資本運用の試みも始まりました。経営の多元化・クロス地域化をスタートし、産業の範囲も広めてきました。“百年の豊島”の発展理念を確立し、中国国内の東西南北、そして、海外に横たわる発展パターンが徐々になりつつでありました。会社の経営分野は、野菜・果物缶詰、果物ジュース、新鮮な切葉・切花、国際貿易、不動産などに分れて、会社は高速な発展ができました。

  • 2006-2013

    花卉産業が継続に拡大してきました。広西自治区北海に子会社を設立し、花屋会員にサビースの提供する花集網を買収しました。目的は、全国に花卉ネット販売サビースの提供するプラットフォームを構築することであります。2012年、雲南省昆明市に、中国の菊栽培上でも設備が精密度の高いインテリジェント化ハウスが、投資して建設しました。これらの措置で、会社の花卉生産は周年に安定な生産・出荷ができて、国内業界の先端に立ちました。

  • 2015-10-29

    花集網は中国新三板インタネットに初上場の花卉企業となりました。花集網は、同時に複数なプラットフォームの展開する発展戦略を取り、国内に最大・最専門の花卉取引センターになりました。会社には、B2B、B2C、ネットセリ、クロスボーダー取引など四つの業務部属をわかれ、花集網(www.ourbloom.com)、送花網(www.songhua.com)、好香美(www.87290008.com)など花卉商業プラットフォームを運営しています。好香美は国内初のインタネット花卉セリシステムであって、B2Cの売り上げも国内の先端に立っています。

  • 2016-至今

    将来に向かい、グループは、企業の資源を統合し、“豊島股份”の上場を努めていきます。それに、会社は、企業管理と経営を調整し、積極的に商品経営から資本経営へ転換し、国内一流・国際有名な現代農産品国際集団へ進化していきます。